養成コース卒業後の感想

お客様の声一覧

宋亜弓さん 20代ダンサー(2015年8月修了)

今回私がピラティスのインストラクターを目指したきっかけは、既にREBORNで養成コースを卒業された、日頃からお世話になっている先輩から声をかけて頂いた事からでした。 結婚や出産を機に、色々と制限したり諦めてばかりではなく、何かチャレンジして今後の人生に活かして行きたいという思いもあり、ピラティスの経験も習った事もない全くの初心者ではありましたが、今までダンサーとして培ってきたものも活かしつつ学んで行けたらと思い、今回養成コースを受講する事になりました。 コース期間中は、初めて学ぶ事ばかりで、難しい事も沢山ありました。 しかし、その過程で自分の体の変化や思考の変化を感じ、同時に共に学ぶメンバーの成長を肌で感じる事により、ピラティスの素晴らしさを実感出来ました。 ピラティスを通じて得たものは自らの成長だけではなく、かけがえのない出会いを私に与えてくれました。 JUN先生をはじめとする、REBORNの講師の皆様、そして今回一緒に受講したメンバーは、自分にとってとても大切な存在となりました。 やっとスタート地点に立てたと思い、こらからも学びの中で進化し続け、学びを深めていきたいと思います。

全文表示

詳細を見る

日比野 未紗さん 20代 OL(2015年1月修了)

OLとして働きながら、養成コースを受講しました。 ピラティスとの出会いは2年前の2013年4月。 当時、職場の度重なる環境変化や、仕事を抱え込みがちな自分の性格の為に、ストレスから帯状疱疹になってしまいました。 気分転換が必要だと思い、地元のジムで受講してみたところ、ピラティスをしている時間は唯一自分の心を落ち着けられる様な感覚がありました。 その後、自分でも学んでみたいという気持ちが少しづつ大きくなり、2014年8月に初めてリボーンに足を運びました。 JUN先生とお会いするまで、私の気持ちは漠然としていました。しかし、親身に私の話を聞いて頂けた事で自分でも気づかなかったピラティスへの思いを確かめる事ができ、その場で養成コース受講を決めました。 普段の仕事と全く違う事を1から学ぶ事はやはり大変で、苦労したり悩む事もありました。 しかし、様々なバックグラウンドをもつ、個性豊かなリボーンインストラクターの皆様のお陰で、公私共に刺激を頂き楽しく学ぶことができました。 コースは終了しましたが、定期的に開催されるミーティング等を活用しながら、インストラクターとしての経験を積んでいきたいと考えています。 「常に成長をやめないことが大切」というJUN先生の言葉を胸に、少しでも自分の理想に近づいていきたいと思います。

全文表示

詳細を見る

伊藤 良重さん 20代クラシックバレエ講師(2014年8月修了)

私が、ピラティスインストラクターの資格を取りたいと思った最初のきっかけは、現在やっているクラシックバレエ講師の仕事の他に、教える幅を広げたいという想いからでした。 様々なスタジオがある中で、REBORNでの養成コースを受講しようと決めたのは、じっくりと時間をかけて学べること、またレッスンを受けていく中でダンスにも日常生活にも通ずるものをすごく痛感し、深くクラウン?ピラティスを学びたいと思ったからです。 コース期間中は、ピラティスを少しずつ学んでいくことが楽しかった反面、教える幅を広げるどころか自分の今までやってきたバレエ指導について、足りていない部分を痛感し落ち込んだりしました。 これから自分がどういう道を進みたいのか、インストラクターとしての将来など、自分自身と向き合う時間が多く本当に様々なことを考えました。そんなとき、JUN先生が自分でも気づいてなかった強みを引き出し励まして下さり、同期の仲間2人とお互いにシェアし合い支えて頂きました。 あっというまのコース期間でしたが、これからはダンサーの方だけではなく、多くの方にクラウン・ピラティスの魅力を伝えていけるよう、さらに学んでいきたいです。 JUN先生、スタッフの皆様、同期のお二人、本当にありがとうございました。

全文表示

詳細を見る

望月 亜紀さん 30代フィットネスインストラクター(2014年8月修了)

私がクラウンピラティス養成コースに入るきっかけになったのが、JUN先生のFacebookです! 元々私とJUN先生はエアロビクスの同期ということもあり、Facebookで繋がっていました。 JUN先生はいつも心から人を想い、強い意思を持って目の前の人と向き合っています! 私もそんな強い気持ちで、私と関わる方にお伝え出来るよう、一から学びたいと思いました! コースに入ると、最初に「知識よりも、先ずは自分の身体で感じることが大切」と言われました。 この言葉が、自分の身体に向き合う大切さを私に教えてくれました! 自分の身体と向き合っていくうちに、自分の身体の歪みや、呼吸の浅さに気付き、それから毎日、 身体をニュートラルに保てるよう、呼吸を意識しながら生活するよう心掛けてきました。 効果はすぐに現れました。分かりやすかったのは生理です。 放っておけば数ヶ月来ない事もあったのに、毎月来るようになりました。 また、私は肋骨の左右差があり、呼吸した時に肋骨の出方が全く違っていたのに、今では大分均等になってきています。 あと、もともとあった腰痛が子育て中に悪化してしまったのですが、それも見事に改善しました。 自分の身体で感じる事の大切さを学び、私もたくさんの人達にピラティスの良さを伝えていきたい! みんなの身体を良くしていきたい!という気持ちが強くなっていきました。 これからもクラウンピラティスの良さを一人でも多くの方にお伝え出来るよう、頑張って行きたいと思います! 今回サポートしてくださったREBORNの楽しいスタッフの皆様、そして心から向き合って頂いたJUN先生、 本当に素敵な時間をありがとうございました そしてこれからもよろしくお願いします インターン修了後 私がインターン制度をお願いした理由は、自分自身のスキルアップはもちろんですが、JUN先生を始めとするREBORNスタッフの皆さんの、お客様に対する想いや情熱を知り「私もその一員になりたい!」と思ったからです。 私は週に1回3時間で通っていました。クラス以外の空き時間には、掃除・電話対応・各クラスの準備や片づけが主な業務でした。 私は元々、掃除が好きな方ではなかったのですが、いつの間にか「少しでもキレイに」という気持ちが自分の中に芽生えていました。 クラスだけでなく、準備や掃除を含めて楽しく仕事をすることができ、REBORNに来る事が今まで以上に楽しくなりました! また、クラスに参加している時、養成コースの時と比べて、自分の心構えが大きく変化していることに気付きました。養成コースの時は、自分のカラダの動きに集中し、どう感じるのか、意識していくのか、を考える事に必死だったのですが、インターンでクラスを受けている時は、クラス全体の流れを意識しながらも、参加者のレベルや気持ち、何を求めているか、何を伝えたら良いのか、等を考えながら受講することができました。 そんな充実した日々を送っているうちに、テストクラスが始まりました。いざスタートしてみると、なかなか自分の思うようにはいかず、時間が足りなくなったり、早口になっていたり、自分の話し方の悪い癖が出たりと、毎回、先生方に多くのご指摘をいただきましたが、そのアドバイスがあったお蔭で、自分の悪いところが改善できたと思います。 インターン制度を活用することで、自分では気付けない多くの事を学ぶことができました。そして、その気付きが、お客様へより良いクラスを提供することに繋がるということは、素晴らしいことだと思います。 最後に、JUN先生、NORIKO先生、SANAE先生の、REBORNへの強い想いや、お客様を想う気持ちを間近で感じることができ、とても勉強になりました。 本当に貴重な時間をありがとうございました!そして、これからも、よろしくお願いします!

全文表示

詳細を見る

髙田 亜紀さん 30代主婦(2014年8月修了)

はじまりは、約1年前。 私はそれまで、主人の転勤で知り合いのいない名古屋に来て、 2人の子供の子育てに追われ、自分のしたいことなど何もできないと、 マイナス思考の毎日を送っていたように思います。 やっと二男が幼稚園に入り、自分の時間ができるのをきっかけに、 ずっとモヤモヤしていた自分のやりたいことに向かって何か始めたい…と、 養成コースを行っているいくつかのスタジオに問い合わせをしました。 そのひとつが、REBORNです。 私のまとまりのない、ただ、今の気持ちを書いたメールに、 「亜紀さんの熱い気持ち、ひしひしと伝わって来ましたよ」と返信をくださったのがJUN先生でした。 「ここだ!」と思いました。それはまさに、私の人生を変える出会いだったのです。 まずは、ビギナーズクラスに7ヵ月通ってから、養成コースを迎えました。 その頃には、自分で正しく動けるつもりになっていて、先生方がおっしゃることも 理解できているつもりでいましたが、全然…だったのです。 養成コースがスタートして、ピラティスのこと、身体のことを掘り下げて 勉強していくと、ほんとに「つもり」だっだことに気づかされ、 ピラティスの奥の深さに驚きました。 コース中、2度の挫折を味わいました。 1度目は、私の心の奥底にあった不安や今までの我慢が、涙となって溢れて出てきました。 「ピラティスで身体を開いていくと、心も開かれていく」ということを早い段階で実感しました。 2度目は、ハンズオンやデモの練習も終盤に差し掛かった頃、 「自分が同期の他の2人より劣っていて、言われていることができない」と卑屈になりました。 2人は、現在もインストラクターとして、別のワークアウトやダンスを教えており、 自分だけが指導経験がなく、人間の身体についても無知であることに、 劣等感を感じたからです。すべてを今までの環境や経験のせいにしていました。 そんな私を、JUN先生と同期の2人の仲間は、貴重な時間をストップして、 私が落ち着くのを待って、そして受け入れてくれました。 「先の不安ばかり考えないで、今できることやる!」そう考えることが できるようになってから、私の中の何かが変わってきたのです。 学んだことが多すぎて、ここでは伝えきれませんが、養成コースが終了した今、 インストラクターとして仕事を始めるのが楽しみです。 ピラティスで、正しく身体を動かせるようになれば、メンタルにも良い方向に影響していくのです。 私は、このことを養成コースで体感することができました。 コース中、JUN先生をはじめ指導してくださった先生方、一緒に頑張った同期の2人、 私がピラティスに打ち込めるように協力し、応援してくれた家族、友人。 感謝の気持ちでいっぱいです。 これからも、学び続けていきます!

全文表示

詳細を見る

岡本 千夏さん 40代フィットネスインストラクター(2014年1月修了)

数年まえからピラティスを学びたいと思っていました。 フィットネスの仕事をさせていただいていますので、そこで生かせたらと考えてのことでした。 そして養成コースで学び始めると私自身のカラダも変化し、ピラティスを通し日ごとにカラダは軽くなりコントロールして動くということを感じられるようになって行きました。養成コースではピラティスを通してカラダのことを学び、伝えるという技術学び充実した時間を送らせていただきました。 Jun先生、養成コースの同期、スタッフの方々他にも多くの方々に支えていただき、養成コースを無事終えることができました。 感謝の気持ちでいっぱいです。今後は私のカラダに良い変化を与えてくれたクラウンピラティスを多くの方にお伝えできたらと思っています。 そしてクラウンピラティスを学ぶことができたから!さらに学びは続く!と思っています。

全文表示

詳細を見る

安藤 幹夫さん 30代理学療法士(2013年7月修了)

試験が終わり、長いようで短かったインストラクター養成コースが終わりました。 この数か月の間で知識がついたのはもちろんですが、自分の体がこんなに変わるものかというぐらい、自身の体の変化に驚いています。 数年前、ピラティスを始めた当初は、運動はそこそこしていたものの体が硬かったせいでうまく動けないってこともありました。 それでも、いつもクラスが終わった帰り道はすごく体が軽くなって、栄のスタジオから名駅まで歩いて帰るのが日課でした。 私は、病気や怪我などで身体に起こった障害に悩む人たちに接する仕事をしているので、いつかは指導する立場になって、目の前にいる人を少しでも楽に動けるようにしてあげたい! という思いを胸に今回の養成コースに臨みました。 コース中はもちろんピラティス漬けの日々でしたが、何よりも自分自身と向き合い、自身の可能性に気づき、そして自身の成長が動きを通して感じることのできた、とても素晴らしくて、貴重な日々でした。 なんなら、ずっと養成コースを受けていたいとも思ったぐらいです。 養成コースが終わり、これから私はピラティスの魅力、奥深さ、素晴らしさをいろんな方たちに知ってもらいたいと思います。 JUN先生はじめREBORNスタッフの方たちには感謝の気持ちでいっぱいです。 本当にありがとうございました。

全文表示

詳細を見る

高橋 かな子さん 40代主婦(2013年7月修了)

REBORNに通うようになり、もうすぐ2年になります。 これまで色々な流行りもののエクササイズを体験してきました。 自宅にはそのグッズが一通り揃っていて、しまい込んでいる物も多々あります。 ピラティスのDVDも購入し自宅で見ながら行ってみたものの、なかなかスムーズに行きませんでした。 そんな時、REBORNのホームページを見つけたのです。 ピラティスはリハビリにも効く!と聞いたこともあり、病で半身不随となり外出をおっくうにしている義父に、私自身がピラティスを覚えてリハビリになるのなら!と 少しの時間色々と考え、ひとまず1年間レッスンを受けてみて、その時の自分の気持ちで養成コースを受けるかどうかを決めよう! そう思い通い始めたのがスタートです。 そして早かった1年間。体が軽く感じ、柔らかくなりました! レッスンを受けた日の夜、そして次の日、又柔らかくなった!そう実感しました。 今現在も、柔らかくなっているのを実感しています。 養成コースを受けたい!と強く思い、受講に至りました。 養成コースを通して、ピラティスの奥深さを教えて頂きました。 あまりに多すぎて、ここでお伝えできないのが残念ですが、自分のカラダと向き合える時間、そんなピラティスを!REBORNを! もっともっとたくさんの方たちに教えてあげたい!!と強く思いました。 私自身が今後どのような形になるかはわかりませんが、ピラティスをお伝えできる一人になれればと思っております。 他にも色々なことを教えて頂きました。まだまだ勉強です。 JUN先生、REBORNインストラクターの先生方、ありがとうございました。感謝しております。

全文表示

詳細を見る

竹内 千尋子さん 50代主婦(2012年12月修了)

REBORNへは名古屋高速を使って通っています。 この時期、晴れた雲のない日に星崎料金所を過ぎると雪をかぶった遠くの山々がそれは綺麗に見えます。 凛とした空気、清々しく輝いて、パノラマに広く遠くまで見える景色…まさに今の私です。 REBORNに来ると心地よくなる、それを回りの人に伝えようとしても伝わらない。 なぜ?… どうして私は心地よくなるのだろう…? 知りたい!! そう思って参加を決意。 年甲斐もなく、身の程知らずの無謀な挑戦が始まり、JUN先生SANAE先生にご迷惑をおかけしての12日間でした。 でも、疑問は解決しました。心地よくなるのは理由がちゃんとありました。 自分が変わったのも理由がありました。そして伝わらない理由がありました。 参加して良かったです。 たくさん歳を重ねてきたからこそ、自分の身体に感動し、いとおしく思える…自己限定よgood-bye bye! 次の目標に向かって… 若い人達に知ってもらいたい、そして私のように人生半ばを過ぎた人達にも。 最後、JUN先生SANAE先生をはじめインストラクターの皆様、心より感謝します。ありがとうございました。 これからも宜しくお願いいたします。

全文表示

詳細を見る

黒田 佐苗さん 30代ピラティスインストラクター(2012年12月修了)

12日間の養成コースが終わり、一番私の中で変化があった事、それは、心の視野が広くなっていた事です。 コース初期は並々ならぬ思いから、とにかく真っすぐ真っすぐ ひたすら真っすぐに…そんな思いが強く、少しでも意と反する事には 受け入れられない、頭の固い状態でした。 人と関わることに対してバリアを張ってしまい、中々オープンになれないその為、初めのころは私の為のフィードバックも『悔しい』といった具合に 少々ひねくれた感情を抱いてました。 中期に入ってからは、与えられた課題の影響もあり、毎日考え続ける日々を過ごしました。 『私が持ってるものは何?』『私に何が出来る?』『私が進みたい未来は?』 悩んで悩んで悩んで…考えて考えて考えて…それでもはっきり答えを見いだせない… 自分自身と真剣に向き合う事の意味を知りました。 ぼんやりですが何となく答えが見え始めたころ、コース最終期がスタートしました。 私は、REBORNスタッフの中でバックグランドを何も持っていないことにとても劣等感を持っていました。 このコースを受けるまでは、スタイルも一人違っていたので負い目も感じていましたし、そういう思いを抱えてコースに臨んだので、初期のころは本当に思い入れが強かったです。 それらの思いも受け止め、コース最終期がスタートした2日目に『私は私でいいんだ』 そう考え捉えることが出来ている自分自身に気が付きました。 『私は私のまま、ピラティスを追求していけばいい』 誰に負い目を感じることもなく、劣等感を持つ必要もないんだという事が自然と入ってきたのです。 不思議なことに、私生活においても母に対し、否定するのではなく受け入れ、穏やかに接する事が出来るようになっていました。 身体に軸が出来る、芯が通るという事は、自分自身を認め受け入れる事ができる=自信がつくと言う事を改めて実感しています。 自分に自信がつけばつくほど、心はもっと穏やかに優しくなれる事を知りました。 身体を作る・整えるという事は、心を育てる事なのだと知りました。 コースが終わった帰り道、この機会を与えてくれた全ての出来事に感謝する事が出来ました。 本当の意味でのスタートを切る事が出来ました。 クラウン・ピラティスの奥の深いテクニックの創始者Andyと全身全霊で受け入れ導いてくれたJUN先生、そしてかけがえのない仲間に心から感謝いたします。

全文表示

詳細を見る

無料体験レッスン
養成スクール